2013年10月24日

巻き爪の原因

私たちの爪は、伸びていく過程で自然と不都合のないような形で巻いていくものです。
しかし、中にはどうしたわけか過剰に皮膚に食い込むくらいになったりします。
では、この巻き爪という事態が起こる原因はいったいなんでしょう??





【遺伝的要素が原因?】
両親や祖父母に巻き爪の方はいらっしゃいませんか??
ひょっとすると先天的なもので、遺伝から巻き爪になる場合があるかも・・・
---------------------------------------------------------------------
【爪の切り方が原因?】
初期段階では自覚症状はありません。
巻き爪ぎみになったことを気づかない人が多いようです。 
その為に、巻き爪になるとツメの両端が足の肉に食い込んできてから、あわてて爪の両端(巻き爪部分)をカットします。
この時、カットした爪は巻きながら伸びていきますので、深爪すると皮膚が傷つきます。
既に、ツメの形状は縁で巻き爪のまま固定される形になります。
この状態になると、ようやく自分が巻き爪であることに気づきます。
---------------------------------------------------------------------
【爪に対する外的な傷害や圧力による原因 ①?】
外的な圧力とは、自分に合わない靴を長く履いたりする人のことです。
巻き爪の人に多く見られているのが、この種のものかもしれませんネ。  
特に日本人は欧米に比べて足幅が広いようです。
その適度にフィットした靴なら問題ないと思います。
しかし、自分の足を靴に無理矢理合わせよう、押し込もうと履いている人が多いのでは・・・。
外反母趾は、もうひとつの典型的な事例です。
あまり登山など、長丁場を歩かないような人が、窮屈な靴を履いたりした場合でもあるかもしれません。
---------------------------------------------------------------------
【爪に対する外的な傷害や圧力による原因 ②?】
例えば、あなたが爪に何か重い物を落とすなどが巻き爪の原因で、爪に過度な衝撃があった時です。
そういった傷が原因で巻き爪になることもあります。
わたしは、小学生のころにサッカーなどで足の指に大きな衝撃が与えられた場合後に、巻き爪になった記憶があります。
全てがそれだったかは不確かですが・・・
---------------------------------------------------------------------

以上、考えられる要因、原因を列記してみました。
原因を知るということは、今後気をつけるというきっかけを作ることにも繋がります。

こうした点を念頭に、日頃からそうならないように気をつけたいものです。
巻き爪 治療 沖縄
posted by 巻爪直子 at 15:12| 原因 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。